Translate

2019年10月13日日曜日

11月 交流会のお知らせ

 11月の交流会 「ロシア料理で交流しましょう」

 今回の交流会は例年の日本文化の紹介ではなく、ロシア料理を通して日本語ボランティアに関心のある皆様方と親睦を深めたいと思っています。ロシアについてのお話しや歌も披露してもらう予定です。日頃なかなか日本語の勉強会等に参加できない会員の方にも、是非ご参加していただければと思います。
参加を希望される場合は早めのご連絡をお願いいたします。
みなさまのご参加をお待ちしています。

日 時:11月16日(土)11:00~14:00
場 所:福岡市健康サポートセンターあいれふ9階 調理実習室 
       (福岡市中央区舞鶴2―5―1)
参加費:500円
定 員:30名(先着順)
    (エプロン 三角巾をご持参ください。)
申込み・問合わせ:ふくおか地域日本語の会
下記メールにて、①名前 ②電話番号 ③所属名(ない場合は不要)を
お知らせください。



チラシ
(クリックすると大きいサイズで表示されます。)



令和元年9月28日勉強会の報告

今回は、「漫画を使った活動の紹介」、「第2言語の学習と指導」の2つのテーマで、勉強会を行いました。
まず、「漫画を使った活動の紹介」では、ちびまるこちゃんやサザエさんなどの4コマ漫画を切り口に様々な活動方法やおすすめの漫画などを紹介していただきました。漫画の吹き出しに自由にセリフを入れたり、漫画のオチの面白さと共に4コマ漫画から見えてくる社会的文化的背景、方言や川柳などにもつながるものもあり、素材として色々と使えることがわかりました。4コマ漫画の奥深さを知り、とても興味深く感じました。
次に「第2言語の学習と指導」では、講師ご自身の体験からフィリピンの学校との違い、学習者を中心とした学習者に対する姿勢や態度についてお話ししていただきました。

*今回も30名近くの参加者がありましたが、残念ながら写真撮影を忘れてしまい申し訳ありません。

2019年9月3日火曜日

9月勉強会のご案内

みなさま
このところ不安定な雨の日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は9月の勉強会をご案内いたします。
現場での実際の活動例などについてご紹介していただきますので、
是非ご参加ください。皆様のご参加をお待ちしています。

今回のテーマ:「漫画を使った活動の紹介」
~漫画を使ってみたいと思ったことはありませんか? 4コマ漫画を切り口に楽しく話してみましょう。~
講師:和田玉己さん 九州大学留学生センター非常勤講師

*第2言語の学習と指導~フィリピン・セブ市での体験から~
講師:坂口憲治さん 日本語学校非常勤講師

日時:2019年 9月28日(土) 14:00~16:00
会場:福岡市健康づくりサポートセンター「あいれふ」8階 視聴覚室A
参加費: 200円

チラシ

第16回九州ろうきん「NPO助成金」をいただきました


 九州労働金庫主催「NPOフォーラム」・助成金贈呈式が行われ、当会の活動に対して助成金をいただきました。この度の助成に際し皆様に感謝申し上げます。

8月22日、オリエンタルホテル福岡 博多ステーションにて。

日本語教室inゆくはしKIZUNA(行橋市)訪問の報告

7月に2回、日本語ボランティアのための講座の講師に呼んでいただき、4年ぶりに、行橋に行ってきました。ボランティアさんも新しい方が増えたということで、今回は以下の2つのテーマでリクエストをもらいました。午前中は教室を見学して、午後から講座をしました。両日ともボランティアさんは15名ぐらい参加され、たくさん質問も出て、熱心に聴いてくださいました。
7月 3日()=日本語の初期段階の学習者に対応するために=
7月28日(日)=日本語能力試験JLPTについて=
3日(水)は、たまたま七夕飾りを作る日で、ボランティアさんが何本も笹を切って持ってこられて、折り紙や短冊で素敵な飾りを作り、願いごとを書いて、各々に七夕飾りが出来上がりました。
7日(日)は、なんと学習者は35名、ほとんどは技能実習生でN5~N1レベルの練習問題に取り組んでいました。学習後はたくさんのお菓子とお茶が出てきます。キャンプや大分へのバスハイクなども予定されていて、みなさんの楽しみがいろいろ待っているようでした。
今回の訪問も、みなさんが心温かく気さくに迎えてくださり、ここに集まる人たちにとっても居心地がいいところなのだと思います。これまで教室を支えてこられたご苦労はあると思いますが、みなさんがとても熱心で、役員の方々を中心にテキパキと活動されているのがとても印象的でした。

<日曜日の教室の様子>

2019年7月9日火曜日

令和元年 6月29日 勉強会報告

 今回の勉強会は、当初の計画よりたくさんの内容になり、それぞれにもっと時間がほしかったという意見がありましたが、なんとか時間内に無事終わりました。

1.文法: よく似た2つの表現をについて、その文が使える場合は? だれがだれに? どんな時に? など、みんなで意味の違いについて考えました。単に辞書や文法書を見ただけではわからないことについて、考え方のヒントをもらいました。「文法」は敬遠しがちでしたが、先生とのやりとりで、みなさんの反応もよく、楽しく学べました。

2.アクティビティ: 教室で使える活動として、既存のテキストから、「短所を長所に」というワークをしました。実際に自分の短所を長所として言ってくれて嬉しかったという意見もありました。

3.意見交換: 教室活動で、難しいと思っていること、不安に思っていることについて、グループで考えて、発表してもらいました。その対策について、十分に話し合いはできませんでしたが、みんなで課題を共有することができました。

4.フィリピンでの活動報告: チラシには載せていませんでしたが、フィリピンのセブ島で子供たちに日本語を教える活動をしてこられた坂口憲治さんに現地での活動の報告をしていただきました。写真も紹介され、みなさんも興味深くお話しを聞かれていました。

●次回は9月28日() あいれふ(福岡市健康サポートセンター)です。次回もよろしくお願いいたします。

<勉強会の様子>



2019年6月1日土曜日

6月勉強会のお知らせ

今年度も勉強会を開催します。初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。

「よく似た文法の違いを考えてみよう」
どのように考えればその違いがわかるのでしょうか。また、学習者に合わせた
例文づくりにもチャレンジしてみましょう。

講師:石曾根富紀子さん  北九州市内の日本語学校等で非常勤日本語講師
            北九州国際交流村にほんご教室」日本語ボランティア

アクティビティをやってみよう!

進行役: 高田陽子さん   九州日語学院 日本語教師
・意見交換
                
日時  2019年 6月29日(土) 14:10~16:30
会場  福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」  セミナールーム
参加費 200円

申込み・問い合わせ ふくおか地域日本語の会
チラシ
(クリックすると、大きいサイズで表示されます。)