Translate

2019年2月17日日曜日

2月 日本語ボランティア研修会報告

「地域日本語教育の可能性を考える ~ことば・交流・場を育てる教室を目指して~」

今回の研修会では、まず、「地域日本語教育」をどのようにとらえるかについて考え、それがどのように確立し展開してきたか、現状はどうなっているのか、社会的な動きと連動した歴史的な流れや国の施策、学会の動きなどについて説明されました。それを踏まえて、地域日本語教育の現場や当事者に焦点を当てると、日本語ボランティア依存の現状があり、日本語コーディネーターとの協働、多様な参加者と多様な形態があることの難しさなどが課題として見えてきました。その中で、活動の方法については、どれが正しいというものはなく、うまく共存させることが必要であり、参加者が何のためにどんな日本語が必要かを考えることが大切であるということが分かりました。さらに、学習者が自分のことを伝える喜びが日本語の力を伸ばし、単にことばを覚えるということだけではなく、その先の人と関わりやコミュニケーションにつながっていくことが重要だということを学びました。  
このような考え方に基づいて、対話を通した学び合いの活動として、2つのワークショップを実際に体験しました。特に、アイスブレークとして行ったワークは、大変盛り上がり、参加者同士がとても打ち解けて話すことができ、楽しさを実感することができました。
これらのワークを通して、「対話のしかけ」としてとても効果的であることがわかり、今後の活動に役立てたいという意見が多くありました。
また、実際の日本語教室の紹介では、悩みの事例、スタッフ間の意識のズレのすり合わせの必要性、「日本語を教える」ことだけに特化しない運営や活動の方法など、共感する部分もあり、実際の映像を見ることによって具体的に知ることができました。
 最後に、日本語教育の本質は目的のための下請けではなく、自分のことを話すための日本語の習得であり、人を育てるものであると言われたことがとても印象に残りました。            
今回の研修では、様々な方々にご協力とご関心をいただき、日本語教育の知識や経験の有無を問わず、幅広い方々が集まられ、共に学べたことは大変有意義でした。


<研修会の様子>

2019年1月14日月曜日

「筑前琵琶と抹茶」交流会報告

 新春の穏やかな陽ざしに恵まれて、とてもいいお天気となりました。
お陰様で、定員超えで、12か国からの外国人の方々が参加され、大盛況のうちに終えることができました。
 警固神社の大広間、金の屏風の前の尾方蝶嘉さんの筑前琵琶の厳かな音色と語りに興味深々、郷土の黒田節など、一同が素敵な演奏に聴き入りました。そのあとはリラックスしてみなさんと和食のお弁当を食し、松下宋文先生にお作法を教わって、お菓子とお抹茶をおいしくいただきました。実際に筑前琵琶を間近に見られて、お菓子やお茶を運んでお出ししたり、貴重な体験ができ、会話も弾んでいるようでした。
最後は日本語ボランティアさんのリードで、各グループがチームになって、ゲームをして大変盛り上がり、みんなで大いに楽しみました。

今回は西南大学の女子同窓会から支援をしていただき、充実した内容で交流会を開催できましたことを感謝申し上げます。

<交流会の様子>




2018年12月5日水曜日

日本語ボランティア研修会

日本語ボランティア研修会
地域日本語教育の可能性を考える
~ことば・交流・場を育てる教室を目指して~

2019年 2月16日(土)14:00~16:30
福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」
      福岡市中央区今泉1-19-22 西鉄天神クラス 4階 
講師: 池上摩希子氏  早稲田大学大学院日本語教育研究科 教授
対象:日本語ボランティア、日本語教師、関心のある方など
参加費:500円  
定員:50名 (先着順
申込み・問い合わせ ふくおか地域日本語の会

チラシ
(クリックすると大きいサイズで表示されます。)

日本文化交流会 ~新春のつどい~

日本文化交流会
~新春のつどい~
筑前琵琶のしらべ お茶と会席

日本語学習者の方や知り合いの外国人の方などお誘い合わせの上、
どうぞご一緒ご参加ください。
日時:2019年1月13日(日)12:00~4:30
場所:警固神社 春庭 福岡市中央区天神2-2-20
参加費:日本人の方 1000円 外国人の方 500円 昼食付
申込み・問い合わせ ふくおか地域日本語の会
チラシ
(クリックすると、大きいサイズで表示されます。)

2018年11月26日月曜日

包子交流会報告

 今回は中国帰国者の方々と一緒に包子(パオズ)を作って交流しました。包子は発酵に時間がかかるので短時間で作るのは難しいとのことでしたが、中国帰国者センターの李先生のレシピでペーキングパウダー使って、短時間でできる本格包子を作ってみました。さすがに帰国者の方のパオズを包む手際はあざやかで、形も美しく、おいしい包子がたくさん出来上がりました。家で作る包子の方がもっとおいしいそうですが、皆さんで楽しくいただきました。


交流会の様子

2018年11月11日日曜日

交流会のご案内

日々秋の深まりを感じる季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、今回は11月の交流会のご案内を致します。
今回の交流会は中国帰国者の方々といっしょに包子(パオズ)を作ります。
手作りの包子を味わいながら皆さんと一緒に楽しみたいと思っていますので、
是非ご参加ください。
なお、今回の募集対象者は、主に中国帰国者の方と日本語ボランティア、一般の方です。
ご希望の方は早めにお申込みくださいますようお願いたします。

=交流会のご案内= 「手作り本格包子を作りましょう」       
日時:11月25日(日)11時~14時
場所:福岡市健康サポートセンター あいれふ 9階 調理実習室 
募集対象:日本語ボランティア 一般の方 (中国帰国者の方)
参加費:300円
定員:30人 先着順
申込み・問い合わせ ふくおか地域日本語の会
チラシ
(クリックすると、大きいサイズで表示されます。)

2018年9月30日日曜日

9月勉強会(2018年9月29日)報告

 6月に予定していた勉強会が大雨で中止になり、今回も台風が最接近する前日で、危ないところでした。参加者の方々が今回まで待っていてくださってとても有難く思いました。

 前半の石曾根先生には、初めて日本語を勉強する学習者が上のレベルまで進む場合に、最初の段階で心掛けたいことについて、発音や文法の面からポイントを紹介していただきました。個々の発音より文全体の山型イントネーションを意識すること、コロケーションで文を作って完成する、体を使った助詞や文法の覚え方など、具体的で参考となったという意見が多かったです。


 後半は林田先生から「日本語コーディネーター」としてのお仕事について紹介していただきました。協会では託児付き日本語教室、放課後・夏休みの外国人の子ども支援、学校などへの通訳派遣同行など、様々なことについて企画、運営されています。日本語コーディネーターがいることで、より細やかな支援につながっているようでした。「日本語コーディネーター」について初めて聞く人も多く、各都市に配置が必要という意見もありました。

*お知らせ情報*
北九州国際交流協会では、ゼロビギナー向け教材(KIA作成)を作成されています。
英語、韓国語、中国語、ベトナム語、インドネシア語があり、HPにアップされていますので、ご自由にお使いくださいとのことです。

<勉強会の風景>